本日は黒毛和牛が超お買い得!近江牛と一緒に楽しもう♪

味の濃い肩ロースがうまい件

 

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、上質な和牛を気軽に味わえるをコンセプトに、お客様のニーズにこたえる肉専門店です。
 
そんな高松亭が本日、お買い物を楽しんでもらうために用意したのは!
 
厳選された黒毛和牛A-4等級の肩ロースです!
 
肩ロースという部位は、ロースの中でも一番頭に近く、味が濃い部位となります。
だから、少々味の濃い料理でもお肉の味が負けないため、カレーなどにもよく使われます!
 
そんな味わいたっぷりの肩ロースのすき焼き用スライスを、
本日は特別価格、100g 580円で大放出!
間違いなく地域一番価格です!
高松亭の目玉商品である「近江牛すきしゃぶ切落とし 100g 398円」と合わせて買うと、今日の食卓はまさに最高品質♪
この週末は高松亭の特撰牛をたのしんでください☆
 

 
【高松亭のきょうのご馳走レシピ】
「昔ながらの肉じゃが
材料 (4人分)

 

牛こま切れ肉 250g じゃがいも 6個 にんじん 1本 玉ねぎ 1個 しらたき 1袋 万能ねぎ 4本  サラダ油  砂糖 みりん しょうゆ

 
 
作り方

じゃがいもは皮をむいて4等分に切り、水に10分ほどさらしてざるに上げ、水けを拭く。
 
 
牛肉は大きければ食べやすく切る。にんじんは皮をむいて細い部分は縦半分に、太い部分は縦4つに切って、長さ2cmに切る。
玉ねぎは縦8等分に切る。万能ねぎは根元を切って長さ3cmに切る。
 
 
しらたきは食べやすい長さに切り、塩少々をふって手でもむ。
水で洗って鍋に入れ、ひたひたの水を加えて中火にかけ、煮立ったら弱火にして3~5分ゆで、ざるに上げて水けを切る。
 
 
鍋にサラダ油大さじ1を入れて強火で熱し、牛肉を炒める。肉の色が変わったら、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、しらたきを加えて炒め合わせる。
 
 
全体に油が回ったら、酒大さじ3を入れて水1カップを加え、煮立ったら砂糖大さじ1、みりん大さじ3を加えて混ぜて弱火にし、ふたをして7~8分煮る。
しょうゆ大さじ5を加えて木ベらで混ぜ、ふたをして更に8分ほど煮る。
万能ねぎを加えてさっと混ぜ、器に盛る。
 

ご予約はこちら!
0774-66-3541

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です