近江牛の雌牛、赤身すきやき用のスライス肉を特売!

やっぱりうまいのは「産まずの雌牛」

 

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、上質な和牛を気軽に味わえるをコンセプトに、お客様のニーズにこたえる肉専門店です。

そんな高松亭が本日、お買い物を楽しんでもらうために用意したのは!

近江牛でも特にうま味が強い「産まずの雌牛」。

その中でも、あっさりふっくら柔らかい「モモ」をピックアップ!!

エサと水にこだわり、体内に残りにくい柔らかい脂質を再現した特撰の近江牛。

長期肥育の牛だから、味わい深く肉質も柔らかい!

そんな極上のすきやき肉を、

本日限りで100g 580円にて大放出!!

これを食べたら他のお肉が食べられなくなっちゃうかも!

ということで、本日もお肉を存分に楽しんでくださいませ♪

 


【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「じゃがいもと牛肉の甘辛煮

 

材料 (2人分)

  • じゃがいも 3個
  • 牛こま切れ肉 100g
  • スナップえんどう 50g
  • 玉ねぎ 小1個
  •  だし汁 1と1/2カップ
  •  しょうゆ 大さじ1と1/2
  • ごま油 砂糖

作り方

じゃがいもは皮をむいて半分に切り、面取りして水に2分ほどさらし、水けをきる。スナップえんどうはへたと筋を取る。玉ねぎは8等分のくし形に切る。
フライパンにごま油大さじ1/2を中火で熱し、牛肉をさっと炒め、砂糖大さじ2をふってからめながら1分ほど炒める。じゃがいも、玉ねぎを加えて1分ほど炒め、Aを順に入れる。煮立ったらアクを取って落としぶたをし、10分ほど煮る。じゃがいもの上下を返し、さらに8分ほど煮て落としぶたを取り、スナップえんどうを加える。強火にして、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

ご予約はこちら!
0774-66-3541

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です