胃もたれしないお肉ってどんな肉?

お肉を買うときは脂質を見極めろ!

 

 

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、上質な和牛を気軽に味わえるをコンセプトに、お客様のニーズにこたえる肉専門店です。

そんな高松亭が本日あなたに是非お届けしたいお肉が、

「黒毛和牛産まずの雌牛・北海道産肩ロース」です。

ふつうロースと聞くと、「霜降りで、すこし脂っこい」イメージだと思います。

ですが、今回の肩ロースは、赤身がしっかりしていて、肉味もバツグン!

そして、脂質も、トローっとしており、体の中に残りにくい脂質です。

和牛のあまり上質ではないお肉は、脂が硬くて、ポロポロと崩れるような質感。

でも、重くない脂の特徴は、とにかく脂が柔らかい。

高級牛や銘柄牛などの脂はほとんどやわらかい脂質です。

この理由には、オレイン酸という脂内のアミノ酸が多く含まれているため、体内に残りにくく、健康に良い脂といわれています。

反対に、硬い脂は、リノール酸が多く含まれており、サラダ油などの、体内に残りやすい重たい油質です。

なので、これからの肉選びには、「脂質」をチェックするといいかもしれません。

硬くてポロポロとした脂は要注意!

いくら見た目がキレイでも、食べるとしつこくてキツくなっちゃうお肉です。

ぜひともしっとり柔らかい脂のお肉を選んでみてください!

本当に今回の肩ロース、おすすめです!!

 

 

 


【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「カルビスープ

 

材料 (2人分)

  • 牛カルビ肉(焼き肉用) 150g
  • 大根 3.5cm(約100g)
  • ねぎ 1~2本
  • にんじん 3.5cm(約30g)
  • にんにく 2かけ
  • 薬味
  •  にら 2本
  •  三つ葉 1/4束
  •  赤唐辛子 1本
  •  しょうゆ 小さじ1
  •  白いりごま 小さじ1/2
  • ごま油
  • こしょう
  • しょうゆ
  • 好みで粗びき黒こしょう

作り方

大根とにんじんはともに皮をむき、縦に厚さ5mmに切ってから幅2.5cmに切る。
ねぎは青い部分と白い部分に分け、青い部分は長さ半分に切り、白い部分は長さ2cmの斜め切りにする。
三つ葉は根元を切り、にらとともに長さ2cmに切る。
赤唐辛子はへたと種を取り除き、みじん切りにする。
器に薬味の材料を混ぜ合わせておく。
鍋にごま油小さじ1、にんにくを入れて強火にかけ、炒める。
香りが立ったら牛肉を入れて塩小さじ1/2、こしょう少々をふり、酒大さじ1/2を加え、さっと焼きつける。
全体に焼き色がついたらねぎの青い部分、水4カップを加え、煮立ったら中火にして、アクを取りながら10分ほど煮る。
にんじん、大根、ねぎの白い部分を加え、再び煮立ったら弱火にし、10分ほど煮る。
ねぎの青い部分を取り出してしょうゆ大さじ1/2を加え、味をみながら塩、こしょう各適宜で調味する。
器に盛り、好みで粗びき黒こしょう適宜をふり、薬味をのせていただく。
(時間35分、1人分185kcal、塩分2.2g)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です