普段使いのお肉が格段にレベルアップ!お肉を買う新常識!

高松亭は毎日近江牛を食べてほしいと本気で思っております

 

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、上質な和牛を気軽に味わえるをコンセプトに、お客様のニーズにこたえる肉専門店です。

最近よくお客様に聞かれる事があります。

「いつまでこの近江牛は100g398円なんですか?」と。

答えは、、、

「ずーーっとです!」

そうです!

高松亭は、一時的に近江牛を100g398円にしているのではなく、

これからもずーっと近江牛を100g398円で買えるお店なのです!

「本当に近江牛なの?」

なんて事もよく言われます(笑)

安心してください。

近江牛には、「これは正真正銘の近江牛ですよ~」という証明書が発行されています。

それはお客様に安心してもらうように、生産者さんが発行しているものなのですが、

高松亭では、その証明書、そして、お肉を仕入れた時に絶対についてくる「個体識別ラベル」というものがあり、

言ってみれば洋服のタグみたいなものです。

正規店で新品の洋服を買うと絶対に付いてますよね?

あれです!

その両方を売り場にしっかりと掲示しており、いつ捌いた牛で、誰が育てた牛かもしっかりと表示していますのでご安心ください。

近江牛や銘柄牛を取り扱っているお店でも、

こういった証明書などを掲示していないお店も少なくありません。

それこそ「どうして掲示しないんだろう??」

とわたしは思います。

本当にそれが近江牛なら、その証明書は絶対に発行されていますし、

発行されているのに掲示しないのは、食品を取り扱って販売するお店としてズボラ過ぎますし、お客様に安心してほしい!っていう気がないからではないかと思ってしまいます。

安心して買える近江牛。

消費税が上がり、家計にかかる負担も増した中、これまで以上にリーズナブルに、毎日ずーっと近江牛が食べられる。

もっと美味しいお肉を、もっと気軽にたくさん楽しんでほしい。

高松亭は本気でこの一心のみでやっております!

ですので、普段使いのお肉にもぜひとも高松亭の『近江牛』をつかっていただき、粗悪なお肉を買うのはもったいないのでやめましょう!

お肉を買うなら高松亭ですよ!

 


【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「牛肉と小松菜の炒めもの

 

材料 (2人分)

  • 牛もも薄切り肉 150g
  • 小松菜 1/2わ(約150g)
  • にんじん 4cm(50g)
  • A
  •  にんにくのすりおろし 小さじ1/2
  •  しょうゆ 大さじ1
  •  酒 大さじ1/2
  • ごま油

作り方

牛肉は幅1cmに切る。小松菜は長さ4cmに切る。にんじんは皮をむき、2~3mm角の棒状に切る。Aを混ぜ合わせる。
フライパンにごま油大さじ1/2を中火で熱し、にんじんを入れて1~2分炒める。牛肉を加えてほぐしながら炒め、肉の色が変わったら小松菜を加える。
Aを回しかけ、小松菜がしんなりとするまで全体を手早く炒め合わせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です