木曜日は「肉地蔵市」!高松亭オリジナル商品がお買い得になる!

各週木曜日は【肉地蔵市】六地蔵の新常識!

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、上質な和牛を気軽に味わえるをコンセプトに、お客様のニーズにこたえる精肉店です。
 
そんなお肉屋さんが本日お届けする内容は、、、
 
各週木曜日恒例『肉地蔵市』です!!
 
このイベントは、月に2回、各週の木曜日に開催され、
高松亭オリジナル商品を、この日限定でお買い得に大奉仕するという内容です!
 
お肉自体はどこのお肉屋さんでも置いていますし、スーパーに行っても売っています。
厳密に言うと、牛を一から育てているわけではないので、完全オリジナルかというとそうではないです。。
 
でも、完全に高松亭でしか手に入らないものもあります。
そう!「手作り品」です。
 
その手作り商品をいつもより買いやすい価格でご提供するのがこの『肉地蔵市』なのです!
 
とはいっても、通常でもお肉を楽しみやすくするために、リーズナブルな価格設定にしておりますので、
通常でも十分お求めやすいのですが・・・
 
この日さらにお買い得となっておりますので、ぜひご来店くださいませ!!
 

 

【肉地蔵市商品ラインナップ】

・近江牛入りハンバーグ 1個 380円
・和牛西京味噌漬け 1枚 698円
・豚の味噌漬け 1枚 250円
・自家製ローストビーフ 100g 880円
・高松亭の焼豚 100g 380円
他にも当日限りのお買い得品が登場!

 

【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「ほうれん草と牛肉の甘辛いため
材料 (4人分) ほうれん草 2わ(600g) 牛薄切り肉 200g にんにく 1かけ ねぎ 1本 片栗粉 大さじ1 砂糖 大さじ1/2 塩 小さじ1/4 サラダ油 適宜 酒 適宜 しょうゆ 適宜 こしょう 適宜
作り方

ほうれん草は根元に切り目を入れて洗い、長さを3等分にする。
 
 
牛肉は長さ3cmに切り、酒大さじ1/2、しょうゆ小さじ1、こしょう少々、片栗粉をまぶす。
にんにくは薄切りに、ねぎは幅1cmの斜め切りにする。
 
 
中華鍋にサラダ油大さじ1/2を熱して、ほうれん草を入れ、塩をふって強めの中火で炒める。
全体に油が回ったら中火にし、湯1/3カップを加えて、ふたをして1~2分蒸し煮にする
ざるにとり、水けをきっておく。
 
 
中華鍋をさっと拭いてサラダ油大さじ1を熱し、にんにくを入れて中火で炒める。香りが立ってきたら、肉を加えて炒め合わせる。
 
 
肉の色が変わったら、ねぎを加えて炒め合わせ、ねぎが少ししんなりしてきたら、酒大さじ1をふる。
さっとひと混ぜし、砂糖、しょうゆ大さじ2、こしょう少々をふり、ほうれん草を戻し入れて、手早く炒め合わせる。
(1人分198kcal)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です