連休特別企画!近江牛の希少部位『カイノミ』を大特価販売!

お休みの日は、極上肉でちょっぴり贅沢を!

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、上質な和牛を気軽に味わえるをコンセプトに、お客様のニーズにこたえる精肉店です。
 
今日は、、、
 
お肉好き必見!
 
希少部位『カイノミ』大特価で手に入れる事が出来ちゃううれしい一日!
 
しかも、もちろん高松亭のカイノミといえば、
「近江牛」です!
 
『カイノミ』という部位は、中バラというカルビの部分についている部位で、
だいたい一頭から4キロほどしか獲れない大変希少な部位。
牛の正肉がだいたい250キロくらいだと考えると、いかに獲れない部分かってのが分かりますね。
 
この『カイノミ』。
どんな部位かっていうと、とにかくふっくら柔らかい!
それでいてカルビにくっついている部位なので、肉味が濃く、うま味が強いのが特徴です。
フィレ肉が柔らかいのはご存知だと思います。
そのフィレ肉とくっついている部位なのでフィレ肉のように柔らかいんです!
 
カルビとフィレの良いとこ取り!
これがまさしく『カイノミ』というスペシャルなお肉なんです!
 
そんなスペシャル肉を今日は連休中日という事で、お肉を楽しむには絶好のチャンス!
お酒をたくさん楽しんでも次の日もお休み!
 
ということで、通常100g1280円のカイノミなのですが、
本日は連休特別価格として、
100g 880円にて大・大・大奉仕とさせていただきます!
 
もちろんですが、希少部位なので数に限れがございます。
もしかすると夕方には売り切れちゃっているなんて事も考えられますので、お買い求めは午前中か、遅くてもお昼頃がオススメ!
 
どうしても夕方しか無理!って時は、事前にお電話をいただきますとお取り置きさせていただきますので、ぜひご連絡を!
 
今日は極上の『近江牛カイノミ』を楽しみましょう♪
焼肉、ステーキ。
どちらでも楽しんでいただけますのでお好きな食べ方を!
 
 

 
【高松亭のきょうのご馳走レシピ】
「もつ煮

材料 (4人分)

 

牛すじ肉 300g 大根 1/2本 にんじん(大) 1本 ごぼう 1本 こんにゃく 1枚 鶏もつ 300g しょうがの薄切り 3枚 ねぎ(青い部分) 6cm みそ 80~100g 酒 1/2カップ しょうゆ 大さじ1 万能ねぎの小口切り 3本分 七味唐辛子 適宜 塩 少々 酢 少々

 
もつ煮
 
作り方

牛すじ肉は長さ4cmに切り、熱湯に入れてひとゆでし、ざるに上げる。深めの鍋にすじ肉と水12カップを入れ、強火にかける。
煮立ってきたら、しょうが、ねぎ、酒を加えてふたをし、弱火にしてすじ肉に竹串がすっと通るまで、アクを取りながら2時間ほど煮込む。
 
大根は皮をむいて厚さ1cmの輪切りにし、4等分にする。にんじんも皮をむき、厚さ6mmの半月切りにする。
ごぼうは皮を包丁でこそげ取り、鉛筆を削るようにしてささがきにし、酢を入れた水に5分ほどさらして水けをきる。
 
 
こんにゃくは縦半分に切り、横に向きを変えて厚さ6mmに切る。塩でもんで水洗いし、熱湯でさっとゆでてざるに上げる。
鶏もつは水で洗い、熱湯でひとゆでしてざるに上げる。流水の下で洗い、水けをきる。
 
 
すじ肉が煮えたら、野菜、こんにゃく、鶏もつを入れ、ふたをして野菜が柔らかくなるまで弱火で30分煮る。
みそを溶き入れてさらに10分煮込み、仕上げにしょうゆを加える。器に盛り、万能ねぎを散らして、七味唐辛子を添える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です