今日はお待ちかねの「売りつくし市」開催!お鍋商材、焼肉激安!

お鍋商材は今日が絶対お買得!!

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、上質な和牛を気軽に味わえるをコンセプトに、お客様のニーズにこたえる精肉店です。
 
今日は高松亭恒例の隔週火曜日に開催されます「売りつくし市」です!
 
気温もグッと下がり、お鍋が恋しくなる季節ですね!
 
冬の三大鍋料理といえば、
すきやき!
しゃぶしゃぶ!
おでん!
ですよね。
 
これらすべて、どのお鍋を食べるにも、今日の高松亭はお得です!
 
すき焼きをご希望なら、黒毛和牛ロースすき焼き用がおすすめ!
北海道産の柔らかい肉質のメス牛を使用し、霜降りというよりも、赤身をおいしく食べられるロースとしてご提供!
価格も通常よりも100円以上お買得になっているので、すき焼きするならぜったいロースすき焼き用です!
 
でも、もうちょっとあっさり食べたい!
って方はしゃぶしゃぶですよね?
そんなあなたには、近江牛極上しゃぶしゃぶをおすすめします!
なんと言っても近江牛なので、味、香りが極上!
もも肉ですが、全くパサパサしておらず、しっとりふっくらした上品なしゃぶしゃぶ肉。
価格も通常より200円もお手ごろ価格になっているため、しゃぶしゃぶ肉を買うなら絶対今日ですよ!
 
そして最後は、みんな大好きおでんです!
 
おでんでも、人気トップ3に入るのが牛すじですね。
関西では牛すじって当たり前でおでんに入っていますが、関西以外では入れないそうですね。
これ自体もビックリですが、今日は豆知識をお届けする日ではないので、またどこかで豆知識をお届けしていきます!
 
最近ではこのすじ肉ですら価格が高騰し、輸入品ばかりが出回っている状況です。
和牛のすじなんて置いているところがまず少なく、置いていてもものすごく少量。かつ高額です!
 
高松亭の売りつくし市に出てくるおでん用すじの価格を見れば、あなたもきっと驚くはず!
こんな価格、どこを探し回っても絶対に出てきません!
もちろん近江牛もたっぷり入っています!
おそらく、半分以上は近江牛です!
なので、今日は絶対高松亭の売り尽くしで、お得にお買い物を♪
 
【売りつくし市商品ラインナップ】
・近江牛極上しゃぶしゃぶ 100g 780円
・黒毛和牛ロースすき焼き 100g 580円
・おでん用すじ 100g 280円
・特選和牛こま切れ 100g 358円
・近江牛カイノミ・ササバラ盛合せ 100g 980円
 

 

【おしらせ】

11月23日(土)は、たかまつコロッケ大販売会!
通常1個80円のところ、
当日限り、1個30円にて販売します!
完全赤字!お客様への感謝価格ですので、この日は絶対たかまつコロッケを買うべし!
お友達やご近所さんと、こぞってご来店ください!
売切れ次第終了ですので、当日は朝イチから急げ!!

 

【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「すき焼き丼

材料 (2人分)

 

牛薄切り肉 150g 糸こんにゃく 1/4袋(約50g) ねぎ 1本 卵 2個 だし汁(下記参照) 1/4カップ 温かいご飯 どんぶり2杯分 紅しょうがのせん切り 適宜 しょうゆ みりん 

 
すき焼き丼
 
作り方

糸こんにゃくは、5カップ程度の水とともに鍋に入れて中火にかける。沸騰したらざるに上げて水で洗い、水けをきって食べやすく切る。
 
 
ねぎは幅約2cmの斜め切りにする。肉は食べやすい大きさに切る。卵は1個ずつ器に割り入れる。
 
 
フライパンにだし汁(下記参照)、しょうゆ、みりん、酒各1/4カップを入れ、中火にかけて煮汁を作る。糸こんにゃくを入れ、煮汁が煮立ったらねぎを入れる。再び煮たったら、肉を広げながら並べ入れる。
何枚か重なった肉は、火が通りやすいようにほぐし、ねぎは上下を返してさらに煮る。
 
 
どんぶりにご飯を盛っておく
肉の周囲の色が変わったら、卵を静かに流し入れる。肉に火が通り、黄身が半熟で白身が固まった状態になったら火を止め、黄身をくずさないようにご飯の上に盛り分ける。
紅しょうがを上に散らす。
 

—だしのとり方—
1.昆布10cm四方は、堅く絞ったぬれぶきんで表面を拭く。
鍋に水5カップと昆布を入れて中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。
そのまま火にかけつづけて沸騰したら、水1/2カップを加えて温度を下げ、かつお節約15g(ふたつかみ分くらい)を入れる。

2.再び沸騰したらさらに水1/2カップを加えて火を止める。
かつお節が鍋底に沈んだら、ペーパータオルを敷いた万能こし器でこす。
保存する場合は、冷めてからびんなどに移して密閉し、冷蔵庫に入れる。約1週間保存できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です