今日は宮崎から極上の「あれ」を入荷!しびれる程柔らかい♪

年末は極上の「フィレ」で決まりでしょう!

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、上質な和牛を気軽に味わえるをコンセプトに、お客様のニーズにこたえる精肉店です。
 
おはようございます!
いよいよ年末モード突入です!
高松亭もエンジン全開で頑張ってまいりますよ!
 
本日はお肉の中でも一番の高級部位、

「フィレ」を入荷!

一頭からおよそ10キロほどしか獲れず、
しかも、その中でもダントツで柔らかい「シャトーブリアン」は、ほんの2キロしか確保できないそれはそれは上質なお肉です。
 
言わずもがな、食感は、どのお肉でも敵わない絶対無二の存在。
そして、お肉本来の甘~いうま味が凝縮されたまさに完璧な食材。
 
本日は昨年の和牛チャンピオンに選ばれた「宮崎牛」のフィレをご用意。
 
本日は、極上フィレを通常100g 2580円ですが、

年末特別大奉仕で100g 1800円にてご提供いたします!

 
また、シャトーブリアンも、通常100g 3280円での販売ですが、こちらも年末特別大奉仕価格の、

100g 2580円にて販売いたします!

 
数が少ないですので、ご入用の方はお電話でのお取り置きもご対応いたしますので、今すぐお電話お待ちしております!
0774-66-3541 

【営業日のお知らせ】

年内は12/31まで休まず営業!
年明けは1/5(日)から通常通り営業いたします。

 

【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「トマト入り洋風肉じゃが
材料 (4人分)

 

牛こま切れ肉 250g じゃがいも 4個 玉ねぎ 2個 にんじん 1/2本 にんにく 1かけ トマトの水煮缶詰(220g入り) 1缶 固形スープの素 1個 サラダ油 大さじ3 しょうゆ 大さじ1/2 砂糖 小さじ1 塩 小さじ1/2 こしょう 少々 あればローリエ 1枚

 
トマト入り洋風肉じゃが
 
作り方

 
じゃがいもは皮をむき、4つ~6つに切る。玉ねぎは8つ割りのくし形に、にんじんは厚さ3mmぐらいの半月形に切る。にんにくは薄切りにする。
 
 
大きめの鍋にサラダ油を熱し、にんにくを入れ、香りが出るまで炒めたら、じゃがいも、玉ねぎを加え、こしょう少々をふって強火で炒める。
全体に油が回ったら、にんじんを加えて炒め、肉を入れて炒め合わせる。
 
 
肉の色が変わったら、水2カップ、固形スープの素、あればローリエを入れる。
 
 
トマトの水煮をかるく手でつぶして、缶汁ごと加える。
 
 
しょうゆ、砂糖、塩を加え、煮立ったら中火から弱火にし、アクを取りながら20~25分煮る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です