成人の日特別プライス!特選和牛ハネシタステーキ特価販売!

新成人のみなさん!おめでとうございます!

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、六地蔵でも最も使い勝手のいい精肉店です!
 
おはようございます!
今日は新成人の晴れ舞台「成人の日」
早朝から街の美容室は忙しそうに頑張っておられましたよ!
 
そんな素敵な一日をわれわれも微力ながらお手伝い♪
ということで、今日のアツ盛は、
・特選和牛ハネシタロースステーキ
・おでん用ボイルすじ
この2商品がお買い得で登場!!
 
やっぱり注目は、特選和牛のハネシタロースステーキですよね!
 
新成人をお祝いするのに持って来いの極上ステーキ!
それにあやかって、今夜の食卓はステーキにしちゃうってのもありですね!
 
あと、チラシについている「特選和牛こま切れプレゼント」のキャンペーンが本日最終日となります。
まだクーポンを使っていないって方は使い忘れの無いようご注意ください。
和牛のこま切れ。
このご時世「和牛をプレゼントします!」なんて店、探してもそうそう見つかるもんじゃありません。
そのくらい超お得ってことです!
 
本日もご来店心よりお待ちいたしております!

【今日のアツ盛‼】

・特選和牛ハネシタロースステーキ 通常100g1080円→680円
・おでん用ボイルすじ 通常100g358円→198円

【恵方巻ご予約のご案内】

今年の節分は松亭の恵方巻で福を呼ぼう♪
近江牛をふんだんに使用した松亭オリジナル恵方巻が超お手頃価格で登場!
精肉店でしかできない贅沢なお肉の使い方。だからうまさが圧倒的に違う!
松亭はすべて手作りだから健康にもよく、本来の食材のうま味を味わうことができます。
1/25までにご予約をいただくと5%OFF!
お早目のご予約をお待ちいたしております!
・近江牛しぐれ恵方巻 1本 380円・近江牛カルビ恵方巻 1本 480円・近江牛しぐれハーフ 1本 220円

 
【高松亭のきょうのご馳走レシピ】
「洋食屋さん風ハンバーグ
材料 (4人分)

 

ハンバーグだね  牛切り落とし肉 400g  玉ねぎ(小) 1個  パン粉 1カップ  卵 1個  バター 大さじ1  ナツメッグ 少々 ソース  トマトケチャップ 大さじ3  とんカツ用ソース 大さじ3  バター 大さじ1  鶏ガラスープの素 少々  あれば赤ワイン 大さじ1 サラダ油  こしょう(あれば粗びき) —つけ合わせ材料(4人分)— 「作り方」参照

 
洋食屋さん風ハンバーグ
 
作り方

 
最初に、玉ねぎを炒めておく。
玉ねぎはみじん切りにし、フライパンにバター、サラダ油各大さじ1を入れて中火で熱し、しんなりとするまで炒めて、皿などにあけてさます。
その間に牛肉を切る。
まず、まな板に平らに広げて、端から細切りにし、次に包丁で肉の方向を90度変えて、同じ要領で端から切る。
最後に全体をざっとたたく。
 
 
 
肉はこのようにおおまかなみじん切りになればOK。
少し大きすぎるかな、と思うくらいのほうが、歯ごたえが出ておいしい。
 
 
 
ボールに牛肉、炒めた玉ねぎ、パン粉、卵、ナツメッグと、塩、こしょう各少々を入れ、手でざっと混ぜ合わせる。
さらに、ボール全体をぐるぐるとかきまわすようにして、粘りが出るまでしっかりと練る。
この混ぜぐあいが、ふっくらとジューシーに仕上がる秘訣なので、手を抜かないように。
 
 
 
手のひらにサラダ油少々を塗り、たねの1/4量を手にとってかるくまとめ、片方の手から片方の手へ、交互に5~6回投げつけて肉の中の空気を抜く。
厚さ2cmほどの小判形に整え、火が通りやすくなるように真ん中を少しへこませる。
残り3つも同様にする。
 
 
 
フライパンにサラダ油大さじ1を入れてやや強めの中火で熱し、たねを並べ入れる。
香ばしい焼き色がついたら裏返して弱火にし、ふたをして5~6分焼く。
竹串を刺して、透明な肉汁が出れば、でき上がりの合図(赤い肉汁が出ても、牛肉なので多少焼きたりなくても大丈夫。
気になる場合は、さらに2~3分焼いて)。焼き汁をフライパンに残して、皿に盛る。
 
 
 
同じフライパンに、トマトケチャップ、とんカツ用ソース、水各大さじ3、鶏ガラスープの素少々、あれば赤ワイン大さじ1を入れて中火にかけ、とろみがつくまで混ぜながら2~3分煮る。
塩、こしょう各少々で調味して、最後にバター大さじ1を加え、全体を混ぜる。
ハンバーグにソースをかけ、つけ合わせのアスパラガスとコーンを添える。
 
 

—つけ合わせ作り方—
グリーンアスパラガス1束は根元を切り、厚さ5~6mmの斜め切りにする。

フライパンを中火で熱してバター大さじ1を溶かし、アスパラガスを入れて炒める。
鮮やかな色になったら、ホールコーン(冷凍)1カップを加えて炒め合わせ、塩、こしょう各少々で調味する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です