今日のアツ盛は「上豚こまぎれ」と「近江牛ローストビーフ」

宮崎県産「ミヤチク豚」がうまい件!

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、六地蔵でも最も使い勝手のいい精肉店です!
 
おはようございます!
 
令和二年が始まってからもう一か月が過ぎ、今日から2月がスタートですね。
いや~、早い!
毎月師走のようなスピードで駆け抜けていきますね。
 
令和二年の二月も張り切って頑張りましょう♪
 
今日のアツ盛は、
・近江牛ローストビーフ
・上豚こまぎれ
 
アツ盛初の「上豚こま切れ」が登場!
 
高松亭の豚肉は、宮崎県が誇る上豚「ミヤチク豚」です。
宮崎の豚はとにかく品質が良い!
他府県とはレベルが違うくらい全体的に上質です。
その理由はやっぱりエサと環境ですね。
わりと温かく、自然体で育てられるのと、木の実などがとにかく豊富なため、変な穀物を摂取しない。
だから自然とワクチンなどの量も少なくなり、上質な豚肉に仕上がります。
 
ぜひとも高松亭の豚肉を味わってみてくださいね☆
【今日のアツ盛】
・上豚こまぎれ 100g138円→98円
・近江牛ローストビーフ 100g1080円→780円

【恵方巻ご予約のご案内】

今年の節分は松亭の恵方巻で福を呼ぼう♪
近江牛をふんだんに使用した松亭オリジナル恵方巻が超お手頃価格で登場!
精肉店でしかできない贅沢なお肉の使い方。だからうまさが圧倒的に違う!
松亭はすべて手作りだから健康にもよく、本来の食材のうま味を味わうことができます。
 
お早目のご予約をお待ちいたしております!
・近江牛しぐれ恵方巻 1本 380円・近江牛カルビ恵方巻 1本 480円・近江牛しぐれハーフ 1本 220円

 

【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「ガパオライス
材料 (2人分)

 
豚ひき肉 200g小松菜 1株ピーマン 1個にんにくの粗いみじん切り 1かけ分赤唐辛子の小口切り 少々ナンプラー 
大さじ1オイスターソース 大さじ1/2「バジル」 小さじ1/2温かいご飯 茶碗2杯分(約300g)卵 2個サラダ油 酒 砂糖
 
ガパオライス
 
作り方

小松菜は根元を切って葉と茎に切り分け、それぞれ長さ1cmに切る。ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、1cm四方に切る。
 
 
 
フライパンにサラダ油大さじ1/2、にんにく、赤唐辛子を中火で熱し、香りが出たらひき肉を加えてほぐしながら炒める。
肉の色が変わったら小松菜の茎、ピーマンを入れて色鮮やかになるまで炒め、小松菜の葉、ナンプラー、オイスターソース、酒大さじ1、砂糖小さじ1~1と1/2を加えて炒め合わせる。
「バジル」をふって混ぜ、火を止める。
 
 
 
器にご飯を盛って、【2】をのせる。フライパンをさっと洗ってサラダ油大さじ1を中火で熱し、卵を割り入れて目玉焼きを作り、ご飯にのせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です