今日のアツ盛は「ローストビーフ」と「豚バラスライス」大奉仕!

ローストビーフを買うなら肉処高松亭!

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、六地蔵でも最も使い勝手のいい精肉店です!
 
おはようございます!
 
今朝もグッと冷え込んでいましたが、明日からはまた温かくなり、週末にはポカポカ陽気になるんだとか!
この寒暖の差が体をおかしくさせますので、くれぐれも体調管理には気をつけましょうね。
 
さて、本日のアツ盛ですが、今日はみんな大好きなアレが登場!
・近江牛ローストビーフ
・豚バラスライス
 
当店のローストビーフはおかげさまで多くのお客様から大好評をいただいております。
「おいしいローストビーフこの辺になかってん!」「国産でこの値段は安すぎるわ!しかも近江牛やろ?すごいなぁ!」
などのお声をたくさんいただいている高松亭のローストビーフ。
じっくり寝かせてしっかりと焼き上げるから、うま味を閉じ込めて、風味豊かに仕上がります。
 
とにかくこの辺りで一番こだわったお肉という食材を提供する精肉店。それが高松亭です。
おいしいけど手が届かない値段では意味がありません。
高松亭は「普段使いから近江牛を」をコンセプトに上質なお肉がお手頃価格で!を念頭に掲げて運営しております。
なのでもっと気軽にご来店くださいね♪
【今日のアツ盛】
・近江牛ローストビーフ 100g1080円→780円
・豚バラスライス 100g228円→158円

 

【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「牛シチュー肉と里芋、しめじのスープ煮
材料 (4人分)

 

牛シチュー用かたまり肉(あればすね肉) 500g 里いも 12個(約600g) 本しめじ 1パック 酒 1/3カップ 塩 小さじ1強 しょうゆ 大さじ1 こしょう 少々 練り辛子 適宜

 
牛シチュー用肉と里いも、しめじのスープ煮
 
作り方

肉を4cm角に切って厚手の深鍋に入れ、酒と水をかぶる程度に加えて、強火にかける。煮立ったらアクをすくい、ふたをずらして弱めの中火で1時間~1時間半煮る。
 
 
 
里いもはたわしでよく洗ってさっと乾かし、包丁で皮をこそげ取り、表面をペーパータオルなどで拭いてきれいにする。
しめじは根元を切り、小房に分ける。肉を煮込んだところに里いもを入れ、柔らかく煮えたらしめじを加え、
ひと煮立ちさせて塩、こしょうで調味し、しょうゆを加えて香りをつける。練り辛子を添えて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です