今日のアツ盛は「近江牛ローストビーフ」」と「特選焼きすじ」

安全なお肉を買うなら高松亭!!

 

肉処高松亭は、京都は宇治、六地蔵で、近江牛を100g398円から販売する、六地蔵でも最も使い勝手のいい精肉店です!

おはようございます!

コロナウイルスによる被害が日に日に増しています。

世界では日本では想像できないような事態が巻き起こっておりますが、

日本はまだそこまでひどい状況ではありません。

それは国民の行動が感染被害を食い止めているのだと思います。

なので、これ以上の被害を拡大させないためにも、

なるべく不要不急の外出は避けなければいけませんね。

 

だからこそ、ちょっとでも楽しい思いをご家庭で味わえるよう、

高松亭では近江牛や黒毛和牛をどこよりもリーズナブルに販売いたしております。

 

家にずーっといるとストレスが溜まります。

だから、家で発散できるよう、

おいしいお肉をご家庭で楽しみましょう♪

 

今日のアツ盛は

「近江牛ローストビーフ」

「特選焼きすじ」

の二本立て!

高松亭の商品は90%以上が手作り!

だから、子供に与えても心配いりません。

保存料、香料、着色料、人工甘味料etc

これらの化学調味料がいかに危険か!

アメリカでは化学調味料を廃絶するという働きが活発で、

ヨーロッパでは日本で使用されている化学調味料の多くが

使用禁止とされています。

 

世界では食の日本と言われているらしいですが、

これのどこが食通なんでしょうかね?

ただの薬漬け国家のような・・・

 

だから世界一の発がん大国、そして世界一の抗がん剤消費国という

不名誉な称号を手に入れてしまいました(焦

 

年々日本では、食品に対しての安全性が緩められており、

食料品はどんどん化学調味料が増しています。

という事は、、、

今の子供たちは、生まれながらにして大量の化学調味料をずーっと

与えられ続けているという事です!

これ、わたしたちの時代の大人と、彼ら彼女らの大人になったころの

健康状態はまったく違うものになっているってことですよ!!

ヤバくないですか!!!

 

だからこそ、少しでも安全な食品を口にすることを高松亭は強くお勧めします!

 

「そんなこと言っていたら何にも食べられないやん。」

こういった声があがるかもしれませんが、

完全に廃絶する事は今の世の中難しいでしょう。

ですが、化学調味料の摂取量は意識をすれば減らすことができます。

減らすことによって、確実に発がんリスクや子供に対する疾患などを

軽減させることができます。

なので、ぜひ高松亭のアイテムで、健康な食生活を手に入れてくださいね☆

 

【今日のアツ盛】

・近江牛ローストビーフ 100g 1080円→780円

・特選焼きすじ 100g 398円→258円


【高松亭のきょうのご馳走レシピ】

「れんこんのチンジャオロース風」

 

材料 (2人分)

  • れんこん(小) 1節(約200g)
  • ピーマン 2個
  • 牛切り落とし肉 100g
  • 合わせ調味料
  •  しょうゆ、酒 各大さじ1
  •  オイスターソース 小さじ2
  •  砂糖、片栗粉 各小さじ1/2
  • 酢 サラダ油

れんこんの青椒肉絲風

作り方

れんこんはピーラーで皮をむき、縦半分に切ってから、横に幅3mmに切る。
切ったものから薄い酢水(水3カップに対して酢小さじ1が目安)に5分ほどさらし、ペーパータオルでしっかりと水けを拭く。
ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、縦に幅1.5cmに切る。牛肉は、大きければ食べやすく切る。小さめの器に、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせる。
フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、牛肉を炒める。
色が変わったら、れんこん、ピーマンを順に加えて炒め合わせ、ピーマンがしんなりとしたら、合わせ調味料をもう一度混ぜてから加える。
手早く混ぜて全体にからめ、器に盛る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です